HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

医薬品卸の2017年3月期決算状況‐全体が未経験ゾーンへ突入

2017年5月25日 (木)

 主要医薬品卸の2017年3月期決算は、ほぼ減収減益だった。薬価改定、長期収載品の減少とジェネリック薬の増加というカテゴリーチェンジ、C型肝炎治療薬の縮小などを主な減収原因に上げている。18年3月期も厳しい数字が見込まれており、これまでにない大変革期の到来という岐路に立たされた各社は、新たな収益ビジネスモデルの構築に着手した。17年3月期の連結・セグメント別損益数値を示す。

※画像クリックで拡大表示

メディパルホールディングス

 連結売上総利益は、2190億円(対売上高比7.15%)で、販管費は1793億円(5.86%)、営業利益率は1.29%だった。

 セグメント別で見ると、▽医療用医薬品等卸売事業(メディセオ事業)の売上高は2兆0851億円、売上総利益は1395億円(6.69%)、販管費1208億円(5.80%)、営業利益186億円(0.90%)、▽化粧品・日用品、一般用医薬品卸売事業(PALTAC事業)の売上高は9220億円、売上総利益は713億円(7.74%)、販管費522億円(5.66%)、営業利益191億円(2.07%)となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録