HOME > 無季言 ∨ 

薬局ならではのサービスを

2017年5月29日 (月)

◆昨年まで一般薬は価格やブランドなどを基準に「何となく」選んでいたが、今年に入ってからは「セルフメディケーション税制対象品目」かどうかを重視して選ぶようになった
◆一定の条件のもと、一般薬を年間1万2000円を超えて購入した際に所得控除を受けることができる新たな制度で、レジ横で制度の詳細な説明を掲示するなど、普及に取り組む店舗がある一方で、セルフメディケーション税制の文字をほとんど見かけない店舗もある
◆制度開始から半年が過ぎようとしているが、制度自体を知らない人は相当数いると予想される。未だに一般薬を置くことに消極的な薬局は多いようだが、例えば相談応需の結果、購入する一般薬が税制対象品目だった場合、制度を分かりやすく説明した上で、証明となるレシートを紛失しないよう、お薬手帳に貼り付けてあげてはどうか。これも“かかりつけ”機能の一つではないか
◆ドラッグストアには値段と品揃えで劣るかもしれないが、薬局ならではのサービスを提供し、差別化を図ることも大事だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録