HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【感染症週報】A型溶連菌咽頭炎が増加

2008年2月20日 (水)

関連検索: 感染症週報 国立感染症研究所

 国立感染症研究所が18日に発表した感染症週報第5週(1月28日02月3日報告分)によると、A型溶血性レンサ球菌咽頭炎の患者数が増え続けている。この咽頭炎は冬季に子供に流行し、発熱、のどの痛みなどの症状が現れる。例年通りの流行パターンであれば、3月頃までさらに感染者が増えるとみられる。

 5週では、定点観測している医療機関一施設当たりの患者数は2.02人で、第1週の約4倍。過去5年間の平均1.502.0人未満を上回っている。地域別では富山、茨城、山形が4.0人前後と多い。

 感染研によると、この咽頭炎は家庭や学校などの集団感染も多い。治療には抗生剤の投与、予防は患者との濃厚接触を避けるほか、手洗い、うがいなど。

 一方、インフルエンザも増え続け、17.62人と前週の今シーズン最高を更新、地域的にも増え続けていることから注意を呼びかけている。

 そのほか、冬季に流行するノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は、一時大きく増えたが、最近は横ばいで推移している。

関連リンク

関連検索: 感染症週報 国立感染症研究所




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録