HOME > 無季言 ∨ 

うつ病患者数73万人

2017年6月21日 (水)

◆塩野義製薬が実施した「うつ傾向のある人の意識と行動の実態調査」では、うつ傾向の人が訴求する精神的不調としては「物事を悪い方向に考えてしまう」「いつもなら楽しいことが気が進まなくやる気が出ない」が多かった。一方、身体的不調では「疲労倦怠感」「肩の痛み」「睡眠障害」「頭痛・頭重感」などが多い
◆また、うつ傾向のある人の43.6%は内科を受診しており内科医との接点は少なくない。これらの調査結果は、一般生活者の男女20~69歳の約2万人を対象としたもの
◆さらに、同対象者のうち「うつ傾向あり」と判定し、「うつ病の診断なし」とされた2028人を対象とした調査では、精神的・身体的不調があり医師に相談した人は約1割と少なかった
◆わが国のうつ病患者数は73万人で、潜在患者数は230万人と推定されている。うつ病は、放置すれば症状の悪化や治療の長期化を招くため、早期発見・早期治療が重要だ。精神的・身体的不調を感じたら、まず、かかりつけ医やかかりつけ薬局への相談を心がけたい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録