HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【味の素】ADC受託製造に参入‐バイオCMOの基盤強化

2017年6月23日 (金)

馬渡氏

馬渡氏

 味の素は、米国を拠点に抗体薬物複合体(ADC)の受託製造事業を本格始動する。次世代抗体として製薬各社のADC開発が加速する中、米CDMO子会社の味の素アルテアが、抗体と薬物(ペイロード)の結合工程から製剤化、充填までの製造を受託。味の素では酵素を用いた独自の結合技術も開発しており、将来的には結合技術をパッケージ化したADC開発受託も視野に入れる。今年度から先行投資を行い、2019年度の利益貢献を目指す。

 アミノサイエンス統括部長の馬渡一徳氏は21日、都内で会見を行い、「まずは顧客に(ラボで実施している結合の工程を)開示してもらって、同等性のあるADCを創るところからスタートしている。将来は、われわれの技術によって活性が高くなる可能性もあるので、次に向かって準備をしている」と意欲を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録