HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ケミファ】18年度にベトナム工場稼働‐日本向けにジェネリック薬製造

2017年7月10日 (月)

生産コスト30%削減

山口社長

山口社長

 日本ケミファは、同社初の海外製造拠点であるベトナム工場で、2018年度から国内向けの医薬品製造を開始する。現在、バリデーション中で、本格稼働時には、海外生産比率30%に相当する年間6億錠の製造体制を目指す。国内と比較し、工場建設コストで4割、製造コストで3割程度の削減を見込む。山口一城社長は5日、都内で会見し、「当面は国内向けに製造、輸出していくが、いずれはASEAN諸国の販売拠点として機能するように事業を発展させていく」とアジア展開の足がかりに意欲を示す。

 ベトナム工場は、ホーチミン市近くのビンズン省に位置し、土地面積が約1万m2、延べ床面積1万1000m2の2階建てとなっている。総費用は2500万ドルとなる見通し。日本ケミファの製造子会社「日本薬品工業」の子会社として展開し、資本金は750万ドルを予定。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録