HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】枕詞で使われるが実態は理解されず‐永山会長、“イノベーション”に言及

2017年7月31日 (月)

永山治会長兼CEO

永山治会長兼CEO

 中外製薬の永山治会長兼CEOは、27日に都内で開催した記者懇談会であいさつし、薬価制度の抜本的改革をめぐる議論について、「一番気にしているのは、イノベーションという言葉が枕詞のように使われているが、実態が理解されていないこと。業界としてもイノベーションの中身を分かりやすく説明していかなくてはならない」と述べ、イノベーションという言葉だけが先行し、新薬の研究開発の難しさが社会に理解されていないと指摘。国際的な創薬競争も激化する中、「イノベーションでモノを理解する努力をし続けないといけない。薬価を分からないまま決められてしまうと恐ろしいことが起こる」との懸念を示した。

 永山氏は、イノベーションの評価について、「“価値に見合った価格をつけるべき”と抽象的な表現がつけられるが、そこにかけるコストや投資のリスクも含めて理解をいただかないといけない」と述べ、世界的に新薬開発難易度が高まる中で、企業側の開発リスクに理解を求めた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録