10月13日に「第5回DIA Regulatory Communication トレーニングコース-承認/不承認の判断とその説明責任を学ぶ-」開催 ディー・アイ・エー・ジャパン

2017年8月2日 (水)

本コースでは、架空の薬剤をモデルに承認/不承認の判断とその判断に対する様々なステークホルダーへの説明責任について学ぶ。本コースはこれまでAdvanced Regulatory Affairs トレーニングコースとして4回開催され、参加された方々からは「企業、当局と様々な方がいたので多角的な視点で議論できた」、「視野が広がった。今後の戦略立案にいかせそう」等の高い評価を得ており、他には無い趣向を凝らした内容となっている。

日時

10月13日(金)

場所

アーバンネット神田カンファレンス(東京都千代田区)

参加対象

  • 企業において医薬品の承認申請、対面助言を経験している方
  • PMDAにおいて審査・調査を担当している方
  • 大学または病院で医薬品の開発に携わっている方で本コースの内容に関心のある方

応募期間

9月5日(火)まで

問い合わせ

DIA Japan(URL www.diajapan.org




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録