HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府協議会】医療費適正化へ後発医薬品促進‐勧め方好事例集などを作成

2017年12月21日 (木)

 大阪府は14日、2017年度第1回目となる「府後発医薬品安心使用促進のための協議会」を開催し、今年度中に策定する第3期(18~23年度の6年間)の府医療費適正化計画における後発医薬品(GE薬)使用促進策などの方向性等を確認した。

 府は適正化計画案の中で23年度の総医療費を3兆8776億円と見込んでいる。このうち、自然体の医療費(入院外)の見込みを2兆2760億円と試算。GE薬普及80%等を含む適正化後の医療費を319億5000万円減の2兆2440億円としている。適正化効果額319億5000万円のうちGE使用促進によるものは248億円の効果を見込んでいる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録