HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】自社抗FGF23抗体「ブロスマブ」、小児XLHで欧州承認推奨

2017年12月21日 (木)

 協和発酵キリンは、米ウルトラジェニクス・ファーマシューティカルと共同開発中の抗繊維芽細胞増殖因子23(FGF23)抗体「KRN23」(一般名:ブロスマブ)について、欧州医薬品評価委員会(CHMP)から小児X染色体遺伝性低リン血症(XLH)治療薬として医薬品販売承認を勧告する肯定的な見解が示されたと発表した。

 CHMPの見解に基づき、欧州委員会がブロスマブの条件つき販売承認に関する最終決定を行い、来年1~3月までに最終承認結果が下される見通し。承認されれば、XLH適応で世界初のFGF23標的薬剤となる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録