HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

薬価制度の抜本改革に苦言‐東京薬業4団体が賀詞交歓会

2018年1月12日 (金)

イノベーションの議論不十分

 東京薬業4団体(東京医薬品工業協会、東京薬事協会、東京医薬品卸業協会、東京都家庭薬工業協同組合)は9日、都内で新年賀詞交歓会を開き、新年の門出を盛大に祝った。

 主催者を代表してあいさつした東薬工の内藤晴夫会長は、昨年末に中央社会保険医療協議会で了承された「薬価制度の抜本改革に向けた基本方針」の骨子の内容に否定的な見解を示した。新薬創出等加算や長期収載品の薬価見直しの議論が、「国民皆保険制度の持続性」と「イノベーションの推進」を両立する趣旨とは異なり、「薬剤費を引き下げるという1点を目的とした議論が交わされてきたという印象が強く、両立すべき“イノベーションの推進”という観点からは不十分な議論になった」と指摘。「薬価制度が認めるイノベーションの範囲は大幅に縮小したと言わざるを得ず、極めて遺憾」と批判した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録