HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東邦大/ニュージェン・ファーマ/北里大】ALSのバイオマーカー‐NAIP、研究チームで発見

2018年1月19日 (金)

 東邦大学医学部教授の岩崎泰雄氏、ニュージェン・ファーマCEO兼北里大学客員教授の池田穣衛氏らによる共同研究チームは、神経や細胞の保護に働く蛋白質「NAIP」が筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断や経過を予測できるバイオマーカーとなることを発見した。NAIP量の測定により、早期診断や治療介入の可能性や、NAIPを標的として治療薬開発につながることが期待される。研究成果は、英科学雑誌「サイエンティフィック・リポーツ」のオンライン版に公開された。

 同研究は、岩崎氏、池田氏が、東邦大学医学部の狩野修講師とシミックグループの分析受託機関「シミックファーマサイエンス」の研究グループと共同で行っているもの。ALS患者18人と年齢適合健常者12人を対象に、末梢血の単核細胞で発現しているNAIPと運動機能を評価するALS機能評価スケール「ALSFRA-R」との相関について追跡調査を行い、患者と健常者のNAIP発現量の差を4カ月ごとに12カ月間経時的に観察した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録