HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬】がん領域に上位資格創設へ‐“専門”能力の認定を復活

2018年2月7日 (水)

3日に開かれた日病薬近畿ブロック会議で方針が示された

3日に開かれた日病薬近畿ブロック会議で方針が示された

 日本病院薬剤師会は、がん薬物療法認定薬剤師の上に位置する資格を創設する。日病薬は2009年、日本医療薬学会にがん専門薬剤師の認定を移管し、がん薬物療法認定薬剤師の認定だけを担うようになったが、その上位資格を日病薬が認定する仕組みを求める会員からの声は依然として強かった。会員のニーズに応えて受け皿を拡大し、能力を持つ薬剤師がもれなく認定を受けられる機会を増やすために、上位資格の創設に向けた具体的な検討を進めることが決まった。会員の声を受けてこの課題を検討してきた日病薬の将来計画委員会が創設の方針を決定。昨年12月の理事会で了承された。今後、担当委員会で名称や要件などの具体的な検討が進められる見通しだ。

 同会委員長の松原和夫氏(日病薬副会長)は3日、京都市内で開かれた日病薬近畿ブロック会議で「今後、診療報酬の算定でも認定薬剤師や専門薬剤師が算定要件となることが増えていく。会員数の違いから、日病薬の認定への需要は大きく、日本医療薬学会だけでは対応しきれない。今後、がん薬物療法認定薬剤師のステップアップバージョンとして、がん専門薬剤師という名称は日本医療薬学会に移管したため、それに代わるようなものを考えたい」と語った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録