HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】地域包括ケア対応で新体制‐営業所数を倍増

2018年2月20日 (火)

 武田薬品は、4月1日付で国内の医療用医薬品ビジネスを所管するジャパンファーマビジネスユニット(JPBU)に関し、プライマリケア製品を扱う「ジェネラルメディスンユニット」(GMBU)と、スペシャルティ製品を扱う「スペシャルティビジネスユニット」(SPBU)を新設すると発表した。各地で進行する地域包括ケアシステムに対応するため、GMBUでは現在の88営業所から、二次医療圏に合わせた154営業所に細分化する。その一方、スペシャルティ製品については、新製品の上市が続くのを見据え、SPBUの専門組織を新設し、営業基盤を強化する方針だ。

 同社は、日本事業に関して長期収載品を武田テバに譲渡し、新薬に経営資源を集中させる方針を打ち出している。これまではJPBUのもと、医療用医薬品の情報提供を行ってきたが、事業環境の変化やプライマリケア製品からスペシャルティ製品に製品構成がシフトしてきたのを背景に、プライマリケア製品とスペシャルティ製品に区分する営業体制の見直しを決定した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録