HOME > 無季言 ∨ 

インフルエンザをきっかけに働き方改革を考えては

2018年3月5日 (月)

◆新しい作用機序の抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」が話題になっている。1回だけ錠剤を服用するだけという簡便性のみならず、厚労省から先駆け審査制度の対象品目に指定され、昨年10月の国内申請からわずか5カ月近くで承認された経緯も注目された
◆日本は抗インフルエンザウイルス薬の消費量が多い。仮に罹患してもそのまま自然に快方に向かうとされるが、高熱は健康な大人でもつらいものだ。薬で何とか一刻も早く解熱したいと多くの人が思うのも頷ける
◆最近、国を挙げての働き方改革が叫ばれているが、日本人にとってインフルエンザで仕事を休まなければならないというプレッシャーは想像以上に大きいとみられ、仕事を休めないという強迫観念が抗インフルエンザウイルス薬で早く熱を下げたいという行動につながっているのかもしれない
◆今シーズンのインフルエンザは猛威をふるっている。罹患したらウイルスが消失するまで休むしかない。インフルエンザをきっかけに働き方改革を考えるというのはどうだろうか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録