HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【血液事業部会】原料血漿価格、3年連続引上げ‐薬価下げの中で疑問の声も

2018年3月13日 (火)

 厚生労働省は6日、2018年度の免疫グロブリン等の血液製剤に用いる原料血漿の標準価格を引き上げる案を薬事・食品衛生審議会血液事業部会に示し、了承された。血液を供給する日本赤十字社の経営状況などを考慮し、3年連続で引き上げる。18年度の原料血漿価格は、凝固因子製剤用が昨年度の価格より880円増の1リットル(L)当たり1万1990円、その他の分画製剤用は810円増の1万0980円とした。ただ、委員からは「薬価が引き下げられている中、血液製剤だけ価格が上がるのは構造的に問題があるのではないか」と疑問を呈する意見も出た。

 原料血漿の価格は、血液の確保から供給までに必要な検査員や事務職員等の人件費、輸送費、貯留保管費等をもとに算出する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録