HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【BIジャパン】17年売上、10%減の2319億円‐ミカルディスの特許切れ響く

2018年5月7日 (月)

 ベーリンガーインゲルハイムジャパン(BIジャパン)は、2017年の医療用医薬品事業が循環器領域の降圧剤「ミカルディス」製品群の特許切れの影響により、前年比10.3%減の2319億円に落ち込んだと発表した。糖尿病領域では、DPP-4阻害剤「トラゼンタ」とSGLT2阻害剤「ジャディアンス」の合計売上が初めて500億円を超え、抗癌剤では肺癌治療薬「ジオトリフ」が16.3%増の101億円と初の100億円製剤となった。

 配合剤を含むミカルディス製品群は、32.7%減の730億円と大きく売上を落とした。主力の抗凝固薬「プラザキサ」は9%減の259億円となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録