HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【沢井製薬】世界リードするジェネリック企業に‐新中計発表、USLの成長を基盤に

2018年5月24日 (木)

澤井社長

澤井社長

 沢井製薬は15日、今年度から始まる新たな3カ年(2019年3月期~21年3月期)の中期経営計画「M1 TRUST2021」を発表した。この中では「国内GE市場での圧倒的地位の確立と米アップシャー・スミス・ラボラトリーズ(USL)の成長加速による世界をリードするジェネリック医薬品企業への変革」という新しい中長期ビジョンを掲げた。

 重点課題として国内では「業界構造の変化に対応できる体制構築とコスト競争力強化」を、米国市場では「USLと双方の強みを生かした連携」を図る。計数計画は日本国内市場については環境の予見性が低く、業績に不透明感があることから連結業績は単年度(19年3月期)のみの公表となった。一方、米国市場については23年3月期までの5カ年で売上収益を18年3月期比で12.3%増の569億円、営業利益は45.5%増の130億円、EBITDAは22.4%増の195億円まで引き上げる計画。澤井社長は「3年間で約25製品の発売を予定。さらに5年間は毎年5~10製品の発売を見込んでおり、(米国市場を)当社の第2の柱とすべく取り組んで行く」との考えを示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録