HOME > 無季言 ∨ 

「ファージセラピー」

2018年6月11日 (月)

◆ファージセラピーが世界的に注目を集めている。細菌内で増殖し、最後は細菌を破壊するウイルス「バクテリオファージ」を使って、細菌による感染症の治療を目指すものだ
◆1920年代から研究を続けてきた東欧諸国だけでなく近年は、薬剤耐性(AMR)対策に役立つ可能性があるとして、西側諸国も関心を示すようになった。細胞特異的であり副作用は小さい。薬剤耐性菌であっても必ず対応したファージが自然界に存在するという
◆医薬品化のハードルは高い。ウイルスを使うこと、ファージの遺伝子は変化するため均一な品質を保ちづらいこと、環境中には類似のファージがあり特許を取得しづらいことなどがその理由だ
◆そんな状況にもかかわらず、海外では既にファージセラピーのベンチャー企業が複数設立されているそうだ。畜産分野での活用や、ヒトへの緊急医療などを目指し研究開発を進めている。米国食品医薬品局も関連シンポジウムを開き、支援している。将来どんな応用が実現するのか。今後の進展に期待したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録