HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【九大農学系グループ】アクチノバクテリア、ミスマッチ修復機構を解明‐薬剤耐性の仕組み理解に期待

2018年6月12日 (火)

 九州大学農学研究院の石野園子准教授は、フランスのトップ研究機関の一つであるEcole Polytechniqueの研究チームとの共同研究により、これまで謎とされていたアクチノバクテリアのグループのミスマッチ修復機能について明らかにした。

 生物は、遺伝情報を担うDNAが傷つけられた際に、それを修復する能力を備えている。DNAはA-T、G-Cの塩基対から構成されているが、それ以外の組み合わせはミスマッチ塩基対と呼ばれ、そのまま放っておくと遺伝子突然変異の原因となる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録