HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【丸石製薬】セボフレンAG戦略「想定上回る結果」

2018年6月29日 (金)

井上社長

井上社長

 丸石製薬の井上慶一社長は25日、大阪市内で開いた決算説明会で、2016年12月から開始した全身吸入麻酔剤「セボフレン」(一般名:セボフルラン)のオーソライズド・ジェネリック(AG)戦略について「当初の想定を上回る結果になった」と振り返った。同社が保有する先発品と、許諾先の日興製薬が保有するAGの数量ベースのシェアを合わせると65%(18年3月期)に到達。AG化実施前、同社が保有する先発品のシェアは数量ベースで40%だったが、25ポイント上昇した。

 同社は、関連会社である日興製薬にセボフレンのAGを許諾。日興製薬が製造販売元となって承認を取得し、セボフルラン吸入麻酔液「ニッコー」として16年12月に発売した。丸石製薬はその販売提携先となって、医療機関に情報提供活動を行っている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録