HOME > 無季言 ∨ 

ジェネリック薬メーカーも再編へ

2018年8月3日 (金)

◆ジェネリック医薬品(GE薬)の数量シェア80%後の世界は、大手メーカーで収れんされていく――。業界関係者から業界再編を予想する声が次第に強まってきている
◆ただでさえ、“多すぎる”と指摘されるのが日本のGE薬メーカー。とりわけ、安価な製造コストでGE薬を大量生産し、医療機関に供給していく必要性が高いのは当たり前のこと
◆ただ、GE薬も単純な市場から、モダリティの多様化に伴い、複雑な市場に変化している。6月にハンガリーで開催された「国際ジェネリック医薬品・バイオシミラー協会」の年次大会で発表された内容によると、世界大手4社のシェア占有率は、2009年の48%から、18年1月には38%と10ポイントも低下しているという。スケールメリットを生かした事業モデルも限界点を迎えているようだ
◆GE薬専業メーカーから新薬メーカーに脱皮する動きも出始めた。複雑化・多様化のGE薬市場で持続的な成長を可能にするためには、規模拡大と同時に“新しさ”への追求も始めなくてはならない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録