HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬】敷地内薬局、認識は変わらず‐木平会長「好ましいものではない」

2018年8月3日 (金)

{卉(上)+木(下)}原専務理事(左)、木平会長

{卉(上)+木(下)}原専務理事(左)、木平会長

 日本病院薬剤師会の木平健治会長は7月30日の記者会見で、医療機関が相次いで敷地内薬局を誘致していることについて、「好ましいものではない」と述べ、改めて従来の認識と変わっていないことを示した。

 会見では{卉(上)+木(下)}原健専務理事が、地域や面への展開を目指すという医薬分業の本質を踏まえ、「病院が敷地内へ保険薬局を誘致するというのは好ましいものではない」と指摘。国の医療費適正化対策などで平均在院日数の短縮化が進められている状況では、患者が退院する際、入院中に使用した薬剤や副作用の情報を地域の薬局に伝えるなどし、病診薬連携を強化する必要があることから、「敷地内薬局が、地域包括ケアシステムの中で求められる機能を果たすことができるのか」と疑問視した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録