HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬卸連】医薬品卸経営の概況まとまる‐効率化進めて利益を確保

2018年8月14日 (火)

 日本医薬品卸売業連合会は8日、2018年3月期「医薬品卸業の経営概況」(速報値)を発表した。それによると、アンケート調査に回答した53社における売上高伸び率は0.08%、売上総利益率6.72%(前年比同)、販管費率5.79%(0.1ポイント減)、営業利益率0.93%(0.1ポイント増)となっており、市場が伸びない環境下で効率化、生産性向上で利益を確保している現状が明らかとなった。

 特に伸び率では、医家向け販売80%以上(医療用医薬品卸業系)が売上高0.17%減、販管費0.28%減、人件費0.84%減、従業員数0.02%減であったのに対して、医家向け販売80%未満(一般用医薬品等卸業系)は、それぞれ3.31%、3.48%、0.57%、0.38%の増で、傾向の対比が顕著だった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録