10月からアレルギーをテーマに18年度後期登販者研修 日本薬業研修センター

2018年10月5日 (金)

 薬業界の資質向上のための研修・教育を行う日本薬業研修センター(本部東京港区)は、10月から2018年度後期の登録販売者資質向上研修(集合研修)を開始する。今期のテーマは「アレルギーと抗アレルギー薬」で、来春に向けて花粉症、喘息、アレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎等に悩まされ、ドラッグストアに来店する消費者に適切な対応ができるよう、受講者に役立つ内容とした。

 講座内容は、第1講座「薬事行政情報」、第2講座「医薬品販売業に係る法規と制度」、第3講座「登録販売者のための技術・知識[1](アレルギーと抗アレルギー薬)」、第4講座「同[2](漢方薬・喘息、花粉症、蕁麻疹などアレルギーに有効な漢方薬)」――の予定。

 同センターの中込和哉理事長は、「受講生からの評判の良かった、店頭で受けることの多い質問事項についてのQ&A形式やケーススタディを軸に、受講生の意向を十分勘案し、実効性のある研修を続けていく」とする。連絡先はhttp://www.yakken-ctr.jp参照。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録