HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

当帰の葉で地域再生目指す‐兵庫県と兵庫医療大が連携

2018年10月9日 (火)

自立へ向けての基盤整備も

葉の収穫を手伝う大学生

葉の収穫を手伝う大学生

 兵庫医療大学薬学部は兵庫県と連携して、丹波市山南町で採れる生薬、当帰の葉の“6次産業化”に取り組んでいる。葉を食材に用いた新商品の企画をはじめ、販路開拓や採算確保まで道筋を探り、地場産業の創出を図る。プロジェクト終了後も、地域が自立して発展できる基盤を整えたい考えだ。

 薬学部の3研究室の教員と学生らが、現地の栽培農家や丹波市立薬草薬樹公園、NPO法人社会還元センター「グループわ」などと、当帰の葉を使った新しいレシピや商品パッケージなどについて意見を交換。試食会や地域おこしイベントを月に1回ほど開いて試験的に販売し、商品化を検討してきた。2017年度は、当帰の葉を練り込んだうどんやパン、パウンドケーキといった6品の商品化を実現。和食、洋食、スイーツまで出そろった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録