HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アンテリオ】好調な売上続くビタミンC剤‐8月度のOTC販売動向を発表

2018年10月15日 (月)

 インテージグループのアンテリオ(東京千代田区)は、全国のOTC医薬品販売動向調査データをもとに、2018年8月度の「OTC医薬品薬効別ランキング」を発表した。8月のOTC関連市場の販売金額は935億円で、7月に比べると98.6%の実績ではあったが、過去4年の8月の平均を100とした場合の指数では100.9であり、平年並みの売上となった。

 調査は、同社のSDI(全国一般用医薬品パネル調査)に基づくもので、OTC医薬品を販売している全国のドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター、ディスカウントストアを対象にPOSデータをオンライン収集した。調査店舗数は3245店舗で、対象カテゴリーは医薬品と医薬部外品(バーコードが付与されている商品のみ)とし、各店舗におけるバーコード別の販売年月日、販売個数・金額などを調査した。

 これによると、8月に好調だった薬効群は「ビタミンC剤」が前年同月比で2.7億円増、「解熱鎮痛剤」が2.1億円増、「滋養強壮剤」が1.2億円増、「強心剤」と「痔疾用剤」が各0.6億円増など。中でも「ビタミンC剤」は、7月に続いて好調薬効群にランクインしている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録