HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA・南野会長】患者に寄り添う薬局づくりを‐薬機法改正議論などにも言及

2018年12月18日 (火)

 日本保険薬局協会(NPhA)の南野利久会長は13日の定例会見で、厚生労働省の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会での議論が大詰めを迎えている薬機法の見直しに言及。「当初、多店舗展開をする企業はガバナンスが効かないということが盛り込まれており、そこが最も看過できなかった。多店舗展開することとガバナンスが効かないということは別問題ということから取り組みを始めた」とし、「われわれの意見を厚生労働省の担当者に話し、それを聞いてもらえたこと、われわれの意見が通ったことに感謝している」と語った。

 薬機法の見直しに関しては、薬局を機能別に「高度薬学管理」「かかりつけ」「調剤のみ」に3区分する案が示されているが、杉本年光常務理事は、「国民目線からすると、今までは何も看板がなかったわけで、そうした点からすると分かりやすくなったと思う」とし、「ある程度妥当な区分けではないか」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報