HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【Meiji Seika ファルマ/フェドラ】新規抗菌薬「ナキュバクタム」、合弁会社を通じて開発

2019年1月15日 (火)

 Meiji Seika ファルマとカナダのバイオ企業「フェドラ・ファーマシューティカルズ」は、新規βラクタマーゼ阻害剤「ナキュバクタム(一般名)」の開発・商業化を目的とする合弁会社「ナキュジェン・セラピューティクス」を今年上半期中に設立すると発表した。ナキュバクタムについては、スイスのロシュが第III相試験を開始する予定であったが、戦略上の理由でラインセンス契約の終了に伴いMeijiとフェドラに権利が返還された治療薬であり、今後は合弁会社を通じて2社で開発を継続する。

 ナキュバクタムは、βラクタム系抗菌薬と併用することにより、βラクタマーゼを産生する薬剤耐性菌に対する抗菌力を高める薬剤となっている。北米ではフェドラが物質特許を有し、その他の地域ではMeijiが保有。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
自社製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録