HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】期限切れワクチン試薬使用でMSDに行政指導‐厚科審部会に報告

2019年01月16日 (水)

 厚生労働省は10日、MSDの肺炎球菌ワクチン「ニューモバックス」で有効期間を超えた試薬を使用した製品が出荷されていた件をめぐり、同社に立入検査を行った結果を厚生科学審議会予防接種基本方針部会に報告した。立入検査の結果、製造担当者が承認書の変更手続きの必要性を認識していなかったことなどが判明。これを踏まえ、厚労省はMSDに対して、昨年12月27日に文書で行政指導し、原因究明と改善を求めた。

 ニューモバックスをめぐっては、ワクチンの有効成分濃度を測定する際、比較対象として使用する試薬について、2年間の有効期間を超えたものを使用して規格試験を行った製品が出荷されていたことが発覚。米国向けと日本向けの製品を同じ工場で製造し、米国では2017年8月に有効期間を3年に変更する延長手続きを完了していた一方、日本では手続きを行っていなかったことが原因とみられ、厚労省は「流通済み製品の有効性・安全性に問題はない」と判断。ただ、原因究明や類似事例の有無を確認するため、昨年12月13日にMSDの国内法人、17日に同社工場に立入検査を行った。その結果、米国から輸入された製品の試薬の有効期間が延長されていたことを昨年2月に工場が気づいていたものの、製造担当者が承認書の変更手続きが必要なことを理解していなかったことが判明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報