HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【彩都産学官連携フォーラム】企業の利用「まだ様子見多い」‐MID-NETの製販後調査活用で

2019年1月29日 (火)

彩都産学官連携フォーラムで報告

RWDの活用をめぐり関係者が意見を交わした

RWDの活用をめぐり関係者が意見を交わした

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)医療情報活用部長の宇山佳明氏は23日、豊中市で開かれた「彩都産学官連携フォーラム」で、医療情報データベース「MID-NET」の企業側の活用について「まだ様子見が多い」と指摘した。GPSP省令が改正され、昨年4月から製薬会社の製造販売後調査に医療情報データベースを活用できるようになったが、製薬会社が「MID-NET」の利用を申請し、承認されたのは現在3件にとどまっている。宇山氏は「企業の方と一緒に製造販売後データベース調査という新たな枠組みを定着させていきたい」と述べ、積極的な利用を呼びかけた。

 MID-NETは国が中心になって構築し、10拠点23病院の電子カルテ情報を集積したもの。昨年4月から本格的な運用が始まった。行政だけでなく企業にも門戸を開き、利用申請を受け付けている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報