HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京医科歯科大学】クライオ電顕で産学連携‐オープンイノベーション推進へ

2019年1月29日 (火)

 東京医科歯科大学(TMDU)は、文部科学省オープンイノベーション(OI)機構から整備事業支援対象大学に選定されたことを受け、TMDU-OI機構を昨年12月に発足させ、その取り組みの第1弾としてコンソーシアム型研究開発基盤「クライオ電顕分析・解析活用医療プラットフォーム」構想を立ち上げた。クライオ電子顕微鏡を用いた創薬戦略を企業に提案していくもので、従来の産学連携に見られた「1研究室と1企業」といった単体の契約ではなく、複数の企業や研究者を巻き込んだコンソーシアム型OIをTMDUが主導していく狙いだ。

 クライオ電子顕微鏡は、これまで解析が難しかった蛋白質の構造決定が可能とされる解析機器で、ヒトへの有効性が示唆されたが、マウスでの有効性が確認できずに非臨床試験を断念した化合物候補においても、クライオ電顕の解析により、動物にも有効性を示せるような改変方法を見出せる可能性があるという。TMDUとしては、創薬の突破口としての活用を提案することで、製薬や非医療系企業、学内の医歯工学の研究者を巻き込んだコンソーシアムを視野に入れる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
自社製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録