HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友/Aikomi】緩和医療機器の共同研究開始‐認知症に伴うBPSD

2019年02月19日 (火)

 大日本住友製薬とデジタルヘルスのスタートアップ「Aikomi」は、認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)を緩和させる医療機器の開発・事業性の検討を目的とした共同研究契約を結んだ。期間は1年間で、デジタル機器を通じて、個人の症状ごとに最適な感覚刺激を提供するための機械学習機能の開発を行う。

 認知症患者の自立支援や家族や介護者の介護負担を軽減したい考えだ。

 大日本住友は、精神神経領域を重点疾患領域に位置づけ、事業展開しているが、医薬品以外のヘルスケア領域を「フロンティア領域」と捉え、新たな事業の開拓を目指している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報