HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省・17年患者調査】ウイルス性肝炎が過去最少‐C型肝炎の新薬登場影響か

2019年3月7日 (木)

 厚生労働省は1日、2017年患者調査の結果を公表した。入院患者約131万3000人、外来患者約719万1000人で、共に14年の前回調査から減少した一方、高齢化の進展などで65歳以上の患者数は過去最多となった。主な傷病の総患者数では、悪性新生物の患者が178万2000人で過去最多となったほか、新薬開発などの影響によりウイルス性肝炎患者は15万6000人で過去最少だった。

 調査は3年ごとに実施しており、全国の病院6427施設、一般診療所5887施設などのうち、これらの施設を利用した入院・外来患者約228万人、退院患者約115万人を対象とした。その結果、入院患者数は131万2600人で、前回調査から6000人以上減少した。0~64歳が減少傾向にある一方、高齢化の進展などで65歳以上は増加傾向にあり、96万0900人で過去最多となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録