HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府協議会】薬剤師の客観的説明がカギ‐後発品使用促進事業を報告

2019年03月22日 (金)

 大阪府は18日、2018年度第2回「府後発品安心使用促進のための協議会」を開き、18年度の使用促進事業結果などを報告。また、23年に後発品使用割合80%達成を掲げる府としての後発品安心使用促進事業のロードマップを明らかにした。18年度は、後発品への変更を拒否する患者の意識調査、府下3地域(門真市、泉南地域、八尾市)での連携モデル事業を展開し、その取り組み概要が報告された。

 患者意識調査は、大阪府下の349薬局を対象に実施(有効回収率は73.9%)。後発品を拒否している患者1194例に薬剤師が聞き取り調査を行い、後発品についての考えと実際の使用状況の把握、後発品を拒否する理由と関連要因の考察、資材を用いた薬剤師の説明が患者の考えに与える影響を検証した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報