HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療安全情報】薬剤中止遅れで手術延期‐薬剤部指摘しリスク回避も

2019年04月17日 (水)

 日本医療機能評価機構は、手術・検査前に投与中止すべき薬剤について、投与中止の指示を出さなかったことなどで予定した手術・検査が延期になった事例が2014年から5年間で7件報告されたことを、15日付の「医療安全情報」で公表した。乳房切除手術前に中止を検討すべき薬剤であることに医師が気づかなかったが、手術の実施前日に薬剤部が1週間の休薬が推奨されていることを指摘して手術を延期するなど、医師以外の医療職種が水際で事故を未然に防いでいる実態がうかがえた。

 今回の調査は14年1月~今年2月まで実施。医療機関では、手術などの観血的医療行為を行うに当たって出血リスクを軽減するため、予定日前に投与を中止する薬剤がある。こうした中、中止すべき薬剤を把握していなかったことや中止指示を出さなかったことにより、予定していた手術・検査が延期になった事例が7件報告された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報