HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【品川薬剤師会】患者のQOL値、薬局で算出‐薬効や副作用評価に活用へ

2019年05月09日 (木)

 東京都の品川薬剤師会は、患者の健康関連QOL値を容易に算出できるアプリを開発し、薬局現場での活用を開始した。痛みや不安の程度など五つの質問に対する回答をもとに健康関連QOLを数値化できるツール「EQ-5D-5L」を用い、回答の入力やQOL値の算出をアプリ上で容易に行えるようにした。QOL値の経時的な変化は、薬の効果を評価したり、副作用を疑ったりする手がかりになる。将来は費用対効果の評価にも活用できる可能性がある。

五つの質問に対する回答をスマホやタブレットで入力する

五つの質問に対する回答をスマホやタブレットで入力する

 世界で汎用されている「EQ-5D-5L」は、[1]歩行[2]着替えなど身の回りの管理[3]仕事や勉強など日常活動[4]痛みや不快感[5]不安やふさぎ込み――の5項目の程度をそれぞれ5段階で回答してもらい、回答者のQOLの状態を数値で表すもの。「24315」「32542」など5の5乗、3125通りの回答が存在し、各回答には0~1の範囲内の数値がQOL値として割り当てられている。数値が低いほどQOLの状態は悪いと見なされる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報