HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬事日報調査】薬大入学者、約4割が定員割れ‐13年度ピークに減少続く

2019年05月27日 (月)

定員削減進み適正化加速

 全国の薬科大学・薬学部の2019年度入学者について、約4割の大学で定員を割り込んでいることが、本紙の調査で明らかになった。今年度の入学定員数は過去最多となった昨年度より若干減少。千葉大学で10人の定員増があったものの、4校で定員削減が行われ、昨年度に比べ105人減の1万2835人と適正化が進んでいる。入学者数は、初年度に学部入学者数が確定しない北海道大学、東京大学、金沢大学の3校を除く72校で定員1万2600人(昨年度1万2705人)に対し、1万2021人(1万2320人)と300人ほど減少した。いわき明星大学は「医療創生大学」に名称変更し、大阪大学は薬科学科(4年制、55人)の募集を停止。全て6年制の薬学科に統合した。千葉科学大学は生命薬科学科(35人)の募集を停止したことから、その分の学部定員が削減された。

 昨年度は、山陽小野田市立山口東京理科大学が薬学部を新設し、わが国の薬科大学・薬学部は過去最多の75校となったことから、定員も増加し1万2940人となった。

 しかし、今年度は千葉大学で6年制定員を40人から50人に増員し、学部定員を90人とした一方、青森大学、千葉科学大学、北陸大学、九州保健福祉大学の4校で、それぞれ20人、35人、20人、40人の定員削減が実施され、定員は1万2835人と昨年度に比べ105人減となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報