HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【星薬大・中西新学長が抱負】若手研究者に「励ます評価」を‐放射性医薬品の研究も後押し

2019年07月11日 (木)

中西友子氏

中西友子氏

 4月1日付で星薬科大学の新たな学長に中西友子氏(東京大学大学院農学生命科学研究科特任教授)が就任した。中西氏は、放射線植物生理学の第一人者であり、放射線、アイソトープを駆使した植物のイメージング研究や福島第一原発の土壌汚染研究などで成果を挙げ、数々の賞も受賞してきた。就任に当たって本紙のインタビューに応じた中西氏は、星薬大について「伝統と実力のある大学」との認識を示し、「現場を熟知して、特に若手で頑張っている教員、研究者に対してどうやって“励ます評価”を行っていけるか考えていきたい」と抱負を語った。著名な研究者である中西氏が、薬科大学のトップとしてどのような手腕を発揮するのか注目が集まる。

 星薬大は、1911年に創立者の星一(はじめ)氏が前身の星製薬を設立し、社内に教育部門を設けたことを起源としており、薬科大学として108年の歴史と伝統がある。中西氏は「これまで蓄積してきた優れた人材、教育、研究、環境が全て揃っており、さらに大学が発展していくためにサポートできれば」との所信を語る。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報