HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

保険適応外で薬剤使えず‐京大・武藤教授、癌ゲノム検査の問題指摘

2019年07月11日 (木)

武藤学氏

武藤学氏

 京都大学大学院医学研究科の武藤学教授は4日、都内で講演し、6月に発売された癌遺伝子パネル検査について、標準治療のない原発不明癌や希少癌の患者で奏効する可能性がある薬剤が見つかっても、保険適応外となり、容易に薬剤を使えない問題点に言及。「基本的に治療法がないため、遺伝子変異が見つかっても保険適用の薬が使えない矛盾が発生する」と語り、「現在の医療保険制度では患者の負担が大きいため、既承認薬を用いた適応拡大や民間保険の拡充をすべき」と制度改善を要望した。

 遺伝子パネル検査は、癌患者の治療に役立つ情報を得るため、一度に複数の遺伝子変異を調べることができる。国内で癌遺伝子パネル検査の対象となるのは、標準治療がない原発不明癌や希少癌患者、標準治療で効果がない固形癌患者となっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報