HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

厚労省・三浦前経済課長「後発品普及で責任増大」‐安定供給の要求水準高く

2019年07月16日 (火)

三浦明前医政局経済課長

三浦明前医政局経済課長

 厚生労働省の三浦明前医政局経済課長は6日、長崎市内で開かれた日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会学術大会で講演し、後発品の使用促進に向けた課題に言及。「安定供給や情報提供など取り組むべきテーマには変わりはないが、その中身は変化している」と語った。後発品の普及に伴って社会に対する安定供給の責任は格段に高まっているとし、「求められる水準は大きく変わっている」と強調した。

 厚労省は、2013年に後発品使用促進のロードマップを策定。目標値を段階的に引き上げながら、現在は後発品の使用割合80%を来年9月までに達成することを目指し、▽安定供給▽品質に対する信頼性確保▽情報提供の方策――などを柱に対策を進めている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報