HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【生命科学インスティテュート】脊髄損傷の国内治験開始‐Muse細胞の対象拡大

2019年07月16日 (火)

木曽誠一氏

木曽誠一氏

 三菱ケミカルホールディングス子会社の生命科学インスティテュートは、脊髄損傷を対象としたMuse細胞製品「CL2020」の国内臨床試験を開始すると発表した。現在開発が進行中の急性心筋梗塞、脳梗塞、表皮水疱症に次ぐ四つ目の対象疾患となり、目標症例数として10例を集める。木曽誠一社長は、9日に都内で記者会見し、2020年度の承認申請、21年度の承認取得を計画する中、「四つの適応症での治験結果に応じて、どの適応症を優先して承認を得ていくかを決めたい」との考えを示した。

 Muse細胞は東北大学の出澤真理教授らに発見された、間葉系幹細胞内に存在する多能性幹細胞。今回の試験では、16~75歳の「脊髄損傷(亜急性期)」の患者を対象に、「CL2020」を静脈内に単回投与した際の有効性・安全性を検討する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報