HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

他家CAR-Tに勝機見出す‐内資系製薬の参入相次ぐ

2019年08月01日 (木)

 国内製薬企業が他人の細胞を用いた他家キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の開発に相次いで参入している。国内で承認されたCAR-T療法「キムリア点滴静注」(一般名:チサゲンレクルユーセル)は患者自身の細胞を用いた治療法となっているため、高い製造コストが問題となっているが、製薬各社は大量生産が実現可能な他家CAR-T療法に勝機を見出し、癌領域での競争力強化を図る構えだ。

 キムリアは、患者の末梢血から採取したT細胞にCD19を標的とするCARを発現させ、その細胞を静脈内に点滴投与する治療法。血液癌の一部で高い奏効率を示す一方、患者一人ひとりに対応したオーダーメイド治療であるため、製造コストの高さや商業化の面で課題があった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報