HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労科研調査】10代で一般薬依存が増加‐最多は鎮咳・去痰薬「ブロン」

2019年08月22日 (木)

 10代の若年層で一般用の鎮咳・去痰薬「ブロン」などの使用による依存が疑われる事例が増えていることが、厚生労働省の研究班がまとめた調査報告書で分かった。

 報告書は、2018年度厚生労働科学研究費補助金の分担研究「全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査」(研究分担者:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部松本俊彦部長)がまとめたもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報