HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【一般薬連】正しいくすりの使い方教室‐親子向け体験イベントに出展

2019年08月22日 (木)

3日間で延べ500人近くの親子が参加。薬科大学の学生が講師を務め市販薬の使い方を解説した

3日間で延べ500人近くの親子が参加。薬科大学の学生が講師を務め市販薬の使い方を解説した

 日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は13~15の3日間、東京有楽町の東京国際フォーラムで開催された親子向けの夏休みイベント「丸の内キッズジャンボリー」で、昨年に引き続いて「正しいくすりの使い方教室」を出展し、薬局・薬店、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品の適正使用、セルフメディケーションの普及啓発を行った。一般薬連では毎年、薬科大学と協働して、多くの小学生および保護者を対象に同教室を開催しており、今年も3日間で延べ500人近い親子(教室は1日5回)が詰めかけた。

 「丸の内キッズジャンボリー」は、東京国際フォーラムが2007年に開館10周年記念事業としてスタートした参加体験型イベントで、昨年は11万8000人が来場した。13回目を迎えた今年は、スポーツプログラムを拡充し、東京2020大会競技種目のウエイトリフティングやパワーリフティングが体験ができるブース、パラリンピック競技の体験プログラムなどのほか、東京消防庁による防災・レスキュー体験、血液センターの仕事体験や読売新聞の報道記者体験など、130ものプログラムが企画された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報