HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

多剤併用患者に通知書‐兵庫県広域連合が新事業

2019年08月23日 (金)

薬物療法の見直し契機に

 兵庫県後期高齢者医療広域連合は今年度から2年間、重複投与やポリファーマシー(多剤併用)の患者に服薬状況を記載した通知書を送る事業をスタートさせる。病院や診療所、薬局に通知書を持参してもらい、薬物療法の見直しや適正化を促し、患者の不利益回避と医療費削減につなげたい考え。通知書は29日と来年2月下旬の年2回、宝塚市と伊丹市在住の75歳以上の患者に発送し、効果も検証する。地域全体でポリファーマシー適正化に取り組む宝塚市での効果に注目が集まりそうだ。

 同事業では、広域連合が保有する宝塚市、伊丹市の被保険者の診療情報を委託先のデータホライゾンが解析し、対象患者を抽出する。抽出条件は、複数の医療機関から同じ期間に▽併用禁忌の医薬品▽同じ成分、同じ効能・効果の医薬品▽8剤以上の内服薬――が処方された患者。約2000人を対象として29日に通知書を発送する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報