HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分‐診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」

2019年09月20日 (金)

中央社会保険医療協議会総会

 中央社会保険医療協議会は18日の総会で、重複投薬や入院時のポリファーマシー解消など、医薬品の使用をテーマに議論した。厚生労働省は、重複投薬の解消に向け、服用薬の把握や処方薬の総合的評価・調整を円滑に行う連携体制の評価を提案。入院時のポリファーマシー解消でも、総合評価して調整する取り組み自体や医療機関から薬局への情報提供を評価することを提案した。診療側委員は、診療報酬での評価に前向きな意見を表明したのに対し、支払側委員からは「既存点数で期待される役割を果たしてもらいたい」「新設する必要はない」と否定的な意見が出て、評価をめぐって見解が割れた格好となった。

 重複投薬解消に向けた評価について、支払側の幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は、既に薬局では「薬剤服用歴管理指導料」などで評価されていることに触れ、「新たな評価を考える前に既存点数で期待される役割を果たしてもらいたい」と要望。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報