HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬連国際委員会】アジア規制調和へ新組織‐OTC薬や後発品など供給

2019年09月25日 (水)

 日本製薬団体連合会は、国際委員会内に「アジア医薬品・医療機器規制調和グランドデザインに対するタスクフォース」を立ち上げ、4月から活動を開始した。日本の新薬やOTC医薬品、後発品、漢方薬をアジア諸国に供給することを目標に活動を進めていく。特に中国や台湾、韓国、東南アジア諸国を活動対象国に指定し、タスクフォースから各国に担当者を配置することで、日本企業がアジアに進出しやすい環境整備を目指す。

 グランドデザインは、革新的医薬品へのアクセスが限られるアジア諸国で、日本で承認された医薬品が迅速に患者に提供されるよう、6月に政府が産官学が協働で取り組むべき施策をまとめたもの。医薬品開発に関する規制要件調和や治験ネットワーク構築など基盤整備に取り組むことが盛り込まれている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報