HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【フロンテオ】研究者つなぐ新事業検討‐論文検索履歴から横断研究

2019年10月15日 (火)

豊柴博義氏

豊柴博義氏

 人工知能(AI)ベンチャーのFRONTEO(フロンテオ)ヘルスケアは、製薬企業向けの創薬関連論文検索ツール「創薬研究支援AIシステム」を活用し、創薬を加速させるための新事業の検討に乗り出した。サービス提供企業内の研究者をつなぎ、同システムの利用者の検索履歴から、類似したテーマを扱う社内の研究者を自動抽出。社内横断的な研究に結びつける。リサーチ・ディレクターの豊柴博義氏は、「AIが検索履歴をトラッキングし、別の研究者の考えを統合することで、研究に新たな知見を還元できるのではないか」と話している。

 同システムは、創薬研究者が立案した仮説に対し、医学を主題とした「PubMed」の1400万種類の論文データと創薬標的発見を目的としたデータベース「Open Target」に掲載されている170万種類の分子情報をもとに、短時間で創薬仮説と関連した情報を検索できるというもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報