HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】台風19号の被害103薬局に‐浸水で営業不可の店舗も

2019年10月18日 (金)

 厚生労働省が公表した台風19号の最新の被害状況(16日午後1時)によると、浸水などの被害報告があった薬局は103件に上った。ただ、大雨による川の氾濫で大きな被害が出ている福島県では、「県庁が情報を集めている状況」(厚労省)で、被害状況が把握できていない。他にも冠水している市町村があるため、被害を受けた薬局の数は今後さらに増加する見通しだ。

 宮城県では、仙台市や石巻市など18自治体の53薬局が被害を受けた。ほとんどが床上浸水で、いずれも営業状況は不明となっている。栃木県では、栃木市や宇都宮市など6自治体の30薬局で浸水被害が確認された。一部営業再開も含め営業できている店舗があるが、営業不可の店舗もある。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報